じつとその女のひとの眼を見ていると

 そう云つて、谷村さんがじつとその女のひとの眼を見ていると、女のひとはぼやけた電気の下に、瞿麦の花のようにパッと立ち上つて、谷村さんの肩に頬を伏せました。 谷村さんの胸はまるで暴風雨のように荒れて、美しい女のひとの円い肩をじつと抱き締めました。「貴方、私を助けると思つて、五拾円程拝借させて下さい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:51 am  

本当の事を告白させると

「違うよ、すらりと背の高いひとがいるだろう、ホラ唇の紅い……」「あゝあれ! あのひと、奥さんですよ」 谷村さんは頭から水をあびせられたように愕いてしまいました。 実は、谷村さんに本当の事を告白させると、三度目にあの美しいひとに会つた時、云うに云えない甘美な思い出があるのです。 谷村さんは、遠...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:50 am  

美しい女のひと

 5 谷村さんは、それから四五日は、学校にも出ないで毎日呆やりしていました。 二階で、一寸誰かあばれて埃が落ちても、谷村さんは狂人のように口を開けて、その埃を吸うのです。 美しい女のひとは一度も谷村さんを訪ねてくれようとはしませんでした。洗面所で、あの翌日会つた時も女のひとは手をしやぼん[#「し...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:49 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0108 sec.

http://aweb1.org/