非常に涙もろくなりました

 谷村さんは非常に涙もろくなりました。「自分」も、そう大した男振りだとも思わないし、谷村さんは来年はもう卒業です。そうして山の村へ帰つて、お百姓相手のお医者様になるのですが、誰が「俺」のようなものに――そう思うと、急にはかない[#「はかない」に傍点]ものがこみ上げて来て、太つちよの下女のくれた沢山...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:54 am  

分の気の狂いそうな事

「貴方がそんなにしていらつしやると悲くなります」「何も君にそんなに悲んで貰う理由なんかないよ」「許して下さい」「君は早く台所へさがつとくれよツ、何も僕は君から許してくれの何のつて言つて貰う理由ないんだから……」「私が本当に悪いんです」「馬鹿! 勝手にしろ」 太つちよの女は、いつまでも歯を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:52 am  

じつとその女のひとの眼を見ていると

 そう云つて、谷村さんがじつとその女のひとの眼を見ていると、女のひとはぼやけた電気の下に、瞿麦の花のようにパッと立ち上つて、谷村さんの肩に頬を伏せました。 谷村さんの胸はまるで暴風雨のように荒れて、美しい女のひとの円い肩をじつと抱き締めました。「貴方、私を助けると思つて、五拾円程拝借させて下さい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:51 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0103 sec.

http://aweb1.org/