人生意気に感じなば

 6 それから、もう谷村さんの食事は大変カンタンになつてしまいました。あんなに、朝か夕方かにつけてくれた二ツの卵が、谷村さんのお膳に乗つて来なくなつたし、お膳運びが、スガメの女で、前よりも、汁の中に髪の毛が多いようにさえなつたのです。 谷村さんは、その幾筋かの髪の毛を見ても、唯微笑して取り去るだけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

非常に涙もろくなりました

 谷村さんは非常に涙もろくなりました。「自分」も、そう大した男振りだとも思わないし、谷村さんは来年はもう卒業です。そうして山の村へ帰つて、お百姓相手のお医者様になるのですが、誰が「俺」のようなものに――そう思うと、急にはかない[#「はかない」に傍点]ものがこみ上げて来て、太つちよの下女のくれた沢山...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:54 am  

分の気の狂いそうな事

「貴方がそんなにしていらつしやると悲くなります」「何も君にそんなに悲んで貰う理由なんかないよ」「許して下さい」「君は早く台所へさがつとくれよツ、何も僕は君から許してくれの何のつて言つて貰う理由ないんだから……」「私が本当に悪いんです」「馬鹿! 勝手にしろ」 太つちよの女は、いつまでも歯を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:52 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0263 sec.

http://aweb1.org/