住所も判らないとの事

「今日、お怒りになつていらつしやるだろうと、実はビクビクして参りましたら、もう貴方が、郊外の方へお越しになりましたつて話ですもの、住所も判らないとの事ですし、実は悲しくなつて歩いていましたら、ヒョッコリ貴方が、私の横を素通りなさるのですもの……」 やつぱり、あの太つちよの女は豚であつたと谷村さんは...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

人生意気に感じなば

 6 それから、もう谷村さんの食事は大変カンタンになつてしまいました。あんなに、朝か夕方かにつけてくれた二ツの卵が、谷村さんのお膳に乗つて来なくなつたし、お膳運びが、スガメの女で、前よりも、汁の中に髪の毛が多いようにさえなつたのです。 谷村さんは、その幾筋かの髪の毛を見ても、唯微笑して取り去るだけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

非常に涙もろくなりました

 谷村さんは非常に涙もろくなりました。「自分」も、そう大した男振りだとも思わないし、谷村さんは来年はもう卒業です。そうして山の村へ帰つて、お百姓相手のお医者様になるのですが、誰が「俺」のようなものに――そう思うと、急にはかない[#「はかない」に傍点]ものがこみ上げて来て、太つちよの下女のくれた沢山...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:54 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0121 sec.

http://aweb1.org/