青春の微妙なおもしろさ

 青春の微妙なおもしろさは、その真只中にいるときは誰しもそれを、後で思い出のなかでまとめるような形ではっきり自覚しないまま、刻々を精一杯によろこび、悲しみながら生きてゆくところにあるのではないだろうか。人間の精神のなかで青春というものの在りようもまたおもしろく微妙で、あながち年の若さということにだけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:56 am  

住所も判らないとの事

「今日、お怒りになつていらつしやるだろうと、実はビクビクして参りましたら、もう貴方が、郊外の方へお越しになりましたつて話ですもの、住所も判らないとの事ですし、実は悲しくなつて歩いていましたら、ヒョッコリ貴方が、私の横を素通りなさるのですもの……」 やつぱり、あの太つちよの女は豚であつたと谷村さんは...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

人生意気に感じなば

 6 それから、もう谷村さんの食事は大変カンタンになつてしまいました。あんなに、朝か夕方かにつけてくれた二ツの卵が、谷村さんのお膳に乗つて来なくなつたし、お膳運びが、スガメの女で、前よりも、汁の中に髪の毛が多いようにさえなつたのです。 谷村さんは、その幾筋かの髪の毛を見ても、唯微笑して取り去るだけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0107 sec.

http://aweb1.org/