[ カテゴリー » 日 記 ]

十五六のころ

 十五六のころ、こんなことがあった。私の父は建築家であったからいろんな画集をもっていた。折々静かな部屋でそれをくって見るのがいい心持であったが、その中に一枚、少女が裸で水盤のわきにあっち向きに坐って片手をのばして水盤の水とたわむれ遊んでいる絵があった。丁度自分と同じぐらいの年ばえの少女の背中は美しく...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:57 am  

青春の微妙なおもしろさ

 青春の微妙なおもしろさは、その真只中にいるときは誰しもそれを、後で思い出のなかでまとめるような形ではっきり自覚しないまま、刻々を精一杯によろこび、悲しみながら生きてゆくところにあるのではないだろうか。人間の精神のなかで青春というものの在りようもまたおもしろく微妙で、あながち年の若さということにだけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:56 am  

住所も判らないとの事

「今日、お怒りになつていらつしやるだろうと、実はビクビクして参りましたら、もう貴方が、郊外の方へお越しになりましたつて話ですもの、住所も判らないとの事ですし、実は悲しくなつて歩いていましたら、ヒョッコリ貴方が、私の横を素通りなさるのですもの……」 やつぱり、あの太つちよの女は豚であつたと谷村さんは...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:55 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0164 sec.

http://aweb1.org/