生産技術

 自然科学が社会科学其の他に対応してもつ固有に稀薄なイデオロギー性は、所謂理論の純粋性[#「理論の純粋性」に傍点]や何かから説明され得るものではなくて、結局、生産技術[#「生産技術」に傍点]と自然科学との結合点から、即ちこの生産技術乃至技術学が社会科学(特に経済学)其の他に対比して持つイデオロギー性...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:22 pm  

技術は一方に於て熟練や手法を意味する

 技術は一方に於て熟練や手法を意味する。私は曾て之を主観的技術[#「主観的技術」に傍点]と呼んでおいた(「技術の問題」参照)。なる程こういう技法ならば、元来が部分的で断片的なものだから、自然科学というイデオロギーの全体に対して、部分としての比較的な自由を持っているから、全体としてのイデオロギーから比...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:21 pm  

自然科学の超イデオロギー性

 無論自然科学は社会の文化組織に於て孤立した部分ではない、他の文化諸領域といつも活発な交渉を保っている。例えば自然科学は、色々と応用[#「応用」に傍点]される。そこで人々の考える処によると、この応用されるという点から、元来自分には固有なものでなかった多分の社会的規定を、自然科学は外部から吸収すること...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0954 sec.

http://aweb1.org/