天国は万事に於て此世の正反対である

「我がために人汝等を詬※[#「言+卒」、U+8AB6、50-5]《ののし》り又|迫害《せめ》偽わりて様々の悪言《あしきこと》を言わん其時汝等は福なり、喜べ、躍り喜べ、天に於て汝等の報賞《むくい》多ければ也、そは汝等より前《さき》の予言者をも斯く迫害《せめ》たれば也」と教えられた、天国は万事に於て此世の正反対である、此世に於て崇めらるる者は彼世に於て辱《はずか》しめらる、此世に於て迫害らるる者は彼世に於て賞誉《ほめ》らる、「或人は嬉笑《あざけり》をうけ、鞭打れ、縲絏《なわめ》と囹圄《ひとや》の苦を受け、石にて撃《うた》れ、鋸にてひかれ、火にて焚《やか》れ、刃にて殺され、棉羊と山羊の皮を衣て経あるき、窮乏《ともしく》して難苦《なやみくる》しめり、世は彼等を置くに堪えず、彼等は曠野《あらの》と山と地の洞と穴とに周流《さまよ》いたり」とある(希伯来《ヘブライ》書十一章三十六―三十八節)、是れ初代の信者の多数の実験せし所であって、キリストを明白に証明《あかし》して、今日と雖も稍々《やや》之に類する困厄の信者の身に及ばざるを得ないのである、而かも信者は悲まないのである、信仰の先導者なるイエスは其の前に置かれたる喜楽《よろこび》に因りてその恥をも厭わず十字架の苦難《くるしみ》を忍び給うた(同十二章二節)、信者は希望《のぞみ》なくして苦しむのではない、彼も亦「其前に置かれたる喜楽《よろこび》に因りてその恥を厭わない」のである、神は彼等のために善き京城《みやこ》を備え給うたのである、而して彼等は其褒美を得んとて標準《めあて》に向いて進むのである(黙示録七章九節以下を見よ)。 如斯《かくのごと》くに来世を背景として読みて主イエスの是等の言辞《ことば》に深き貴き意味が露われて来るのである、主は我等が明日あるを知るが如くに明白に来世あるを知り給いしが故に、彼の口より斯かる言辞が流れ出たのである、是れ「我れ未だ生を知らず焉《いずく》んぞ死を知らん」と言う人の言ではない、能《よ》く死と死後の事とを知り給いし神の子の言である、彼はアルバであり又オメガである、始《はじめ》であり又|終《おわり》である、今あり昔あり後ある全能者である(黙示録一章八節)、故に陰府《よみ》と死との鑰《かぎ》(秘密)を握り今ある所の事(今世の事)と後ある所の事(来世の事)とを知り給う(同十八、十九節)、而して斯かる全能者の眼より見て今世に於て貧しき者は却て福なる者である、柔和なる者(蹂躪《ふみつけ》らるる者の意)は却て地の所有者となる、神を見るの特権あり、清き者は此特権に与かるを得云々、言辞《ことば》は至て簡短である、然れども未来永劫を透視する全能者の言辞として無上に貴くある、故に単に垂訓として読むべき者ではない、予言として玩味すべき者である。 其他山上の垂訓の全部が確実なる来世存在を背景として述べられたる主イエスの言辞である、而して此背景に照らし見て小事は決して小事ではない、其兄弟を怒る者は(神の)審判《さばき》に干《あずか》り、又其兄弟を愚者よと称《い》う者は集議(天使の前に開かるる天の審判)に干り、又|狂人《しれもの》よという者は地獄の火に干るべしとある(馬太《マタイ》伝五章二十二節)即ち「我れ汝等に告げん、すべて人の言う所の虚しき言は審判《さばき》の日に之を訴えざるを得じ」とある主イエスの言の実現を見るべしとのことである(同十二章三十六節)、姦淫の恐るべきも亦之がためである、「若し汝の眼汝を罪に陥《おと》さば抉出《ぬきいだ》して之を棄《すて》よ、そは五体の一を失うは全身を地獄に投入れらるるよりは勝ればなり」とある(同五章二十九節)、又|施済《ほどこし》は隠れて為すべきである、右の手の為すことを左の手に知らしむべからずである、然れば隠れたるに鑒《み》たまう神は天使と天の万軍との前に顕明《あらわ》に報い給うべしとのことである(同六章四節)、即ち「隠れて現われざる者なく、蔵《つつ》みて知れず露われ出ざる者なし」とのことである(路加《ルカ》伝八章十七節)、今世は隠微の世である、明暗混沌の世である、之に反して来世は顕明の世である、善悪判明の世である、故に今世に隠れて来世に顕われよとの教訓《おしえ》である。 殊に山上の垂訓最後の結論たる是れ来世に関わる一大説教である。

— posted by id at 11:38 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1808 sec.

http://aweb1.org/