Kさんの書卓《デスク》の上

 今日来て見ると、Kさんの書卓《デスク》の上に、ついぞ見なれぬ褐色のきたない三六版ほどの厚い書物《ほん》が載っていた。「先生、それは何です?」と訊くと、「まあ見たまえ」と、ワイルドの『デ・プロフンディス』や、Kさんの大好きなスウィンバアンやアーサア・シモンズの詩集の下から引出して、僕の手に渡してくれた。見るといかにも古色蒼然たるものだ。全部厚革で、製本はひどく堅牢だ。革はところどころはげたり、すりむけたりしている。縁も煤けている。何だかこう漁師町の娘でも見るような気がする。意外に軽い。 無雑作に開いて見ると、これは聖書《バイブル》だった。細い字が隙間なしに植えてある。まんざら漁師町に関係のないこともないと思って、「聖書《バイブル》ですね」とKさんを見ると、Kさんのその貴族的な、いかにも旗本の血統を承けているらしいすっきりした顔は、微笑にゆるんで、やや得意の色があった。「掘出し物だ。ヴィクトリア朝のものじゃない、どうしても百年前のものだね」「へえ」と今更感心して見る。「夜店で買ったんだ。初め十銭だって云ったが、こんなもの買う人はありゃしない、五銭に負けろと、とうとう五銭で買って来た。さあ、どうしてあんなところにあったものかなァ」「へえ、五銭……夜店で」と僕は驚いたような声を出した。この貴族的な詩人が五銭で聖書を買っている光景を眼前に描き出して、何とも云えず面白い気持がした。が、そのすぐあとから、自分が毎日敷島を二つ宛|喫《す》うことを思出して、惜しいような気がした。何が惜しいのかわからないが、兎に角惜しいような気がする。 むやみにいじくって見る。何やら古い、尊い香がする。――気が付くと、Kさんの話はいつの間にかどしどしイプセンに進んでいた。イプセンと聖書《バイブル》、イプセンは常に聖書《バイブル》だけは座右を離さなかったというから、これもまんざら関係がないでもないと思う。

— posted by id at 11:25 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1579 sec.

http://aweb1.org/